Digital Note Always

— デジタルノートのある暮らし —

f:id:mlzk:20180413204040j:plain

「アナログ手書き」と「デジタル手書き」を一緒にDropbox保管する

Apple Pencilは便利ですが、アナログペンを使いたいときもあります。 そのときに大事なのは紙の大きさです。僕はロディアの16番を使っています。サイズがiPadの9.7インチと同じなので、Dropboxに放り込んだときに、デジタルノートと縮尺のイメージが変わらず…

デジタル手書きのデイリーバレットジャーナル

毎日のタスクやスケジュールはデイリーのバレットジャーナルで管理しています。 自作のアイコンとか使っていましたが、いまはシンプルに四角いチェックボックスだけにしています。チェックボックスはコピペ用を用意しておいて、必要に応じて増産です。 繰り…

複数の手書きノートを一台で記録できるのがデジタルの強み

カバンの中にいくつものノートを入れていると重くてしょうがありませんが、デジタルノートならiPadの重さだけで複数の方が持ち歩けます。 最近とっているノートはこんな感じだ。 バレットジャーナル プレーンノート(ダラダラと目的なしに書くノート) リマ…

占いをリマインドするデジタルノート

しいたけ占いをオススメされて、それをスクラップっぽくまとめてみました。 これをDropboxに放り込んでたまーに見返してみます。 Note AlwaysAlways Sunny Ltd.仕事効率化¥1,800

バレットジャーナルに正式に移行

今まで1日につき1ページのライフログを取ってきましたが、なかなか紙面が埋まらずにスカスカの日々が続いたので、デイリーの管理もバレットジャーナルに移行することにしました。 バレットジャーナルのデイリー管理はスペースに決まりがありません。書いたぶ…

デジタル手書きのバレットジャーナルで習慣化トラッカー

バレットジャーナルのマンスリーページで習慣化トラッカーを実践している人がいますね。 もちろんデジタル手書きでもこれが可能です。毎日塗りつぶしてそれが積み重なっていくのをみるのは気分がいいものです。 アナログ手書きよりもすぐれているのは、マー…

中原涼さんのデジタル手帳

iPadとApple Pencilを使ったデジタル手帳。フォーマットは無限大なので、いろいろな人のデジタル手帳を紹介したいです。 今回は中原涼さん。中原涼@不定期ピアノ弾き語り配信! (@nakaharasuzuka) on Twitter 9.7インチのiPadでマンスリー手帳を実践。定期的…

ページをいくらでも追加できるのがデジタルノートの強み

ほぼ日手帳のデメリットはページが追加できないことです。密度が高くて、1ページに収まりきらない日は誰にでもあるもの。そんなとき、「あぁページを足したいなぁ」と思うことはありませんか? 一方、デジタルノートならページを簡単に増やすことができます…

バレットジャーナルの翌月繰り越し作業

バレットジャーナルでマンスリーのスケジュールとタスク管理をしています。 フォーマットの右側にタスク、下部には翌月以降の予定をメモしています。月末になったらこれらをコピーして翌月のフォーマットに貼り付け。 バレットジャーナルの良さは何度も書き…

デジタル手書きのバレットジャーナルでフォーマットを作る動画

手を動かして書くことで、脳へののインプットが強まる。バレットジャーナルは、そんなメリットを活かした手帳術です。ただ、純粋なアナログ手帳でやると、書き間違いなどでどうしても汚くなってしまう。これもデジタル手書きでやれば解決です。 今回はフォー…

Kindleを読みながら読書メモが同時にできる"デジタル手書き"

ほぼアナログ手帳の左半分には、スケジュールとライフログを記載していきます。 右半分には何を書いてもいいのですが、たとえばKindle本を読みながら、気になった部分をメモするという使い方もよくやります。 iPadのSlide Over機能は画面の上に別のアプリを…

"備忘メモ"で毎日の管理と月次の管理を実践中

ほぼアナログ手帳で毎日のライフログ、タスク管理、スケジュール管理を行っています。 それと同時に、月間の管理はバレットジャーナル風に記録しています。そのやり方はまた別の記事にするとして、毎日のライフログが習慣になりつつあるのですが、どうしても…

デジタルノートで目標をリマインドし続けよう

実は、ホンモノのほぼ日手帳ってあんまり使ったことがないんですけど、『今日の言葉』というコーナーがあって、それが結構人気みたいなんですよね。 そのアレンジで、自分の忘れたくない目標をページの隅に記載しておく方法を思いつきました。ほぼアナログ手…

ほぼアナログ手帳はページごとにDropbox保管

毎日続けているデジタル手書き手帳『ほぼアナログ手帳』は1ページごとにDropboxに保管しています。 右下の共有ボタンからJPEGをセレクト。Dropboxのアイコンをタップ。データの名前は日付とアルファベットにしています。アルファベットは、もしその日の手帳…

収集したタスクをデジタルノートに忘れずに記載する方法

デジタルノートを使って、タスク管理も手書きで行っています。ただし、頭に思い浮かんだタスクを捕まえるのには手書きでは間に合わない。 なので、僕はタスクの収集のほとんどをiPhoneで行っています。使っているアプリはさまざま。そのときに最も早く記録で…

画面収録でスクリーンショット動画

iOS11からは画面を録画できるらしい。今までスクリーンショットは多用してきたけれども、動画が撮れるなんて。この方法使えば、デジタルノートの取り方もよりわかりやすく紹介できますね。 早速テストしてみました。 GIF画像にするとカクカクして、Note Alwa…

手書きの『ゆるアイコン』でライフログを楽しくしよう

ライフログ用で最近発明した、手書きの『ゆるアイコン』をご紹介します。まずはご覧ください。右下ね。 方眼の一コマサイズのアイコンを手書きで作ったのです。スケジュール欄にテキストだけ書くのも味気ないし、振り返ったときに視認性が低いのが難点だった…

デジタルノートで手書きの校正をするときのTips

Note Alwaysは画像を貼りつけるときにフィルターが選べます。これを使ってグレースケールにすると、赤ペンで注釈を入れたときに目立ちやすいことがわかりました。 貼りつけオプションから、グレースケールを選ぶ。さらに黒枠をつけるのがコツ。 あとは太めの…

スケジュール欄の拡張

題して『ほぼアナログ手帳』。iPadとNote Alwaysで行うデジタル手帳、まだ2日ですが楽しく続いております。 ほぼ日っぽいフォーマットのプロトタイプを作りましたが、早速不具合が生じております。手帳の左側に配置したスケジュールの場所が狭すぎました。 …

ほぼアナログ手帳

iPadでライフログをとる。といっても、ライフログアプリやEvernoteを使うわけではありません。そう、もちろんNote Alwaysアプリの『デジタル手書き』を使うのです。 紙とペンを使うアナログノートでのライフログは、「1ページにつき1日」という決まり事を作…

デジタル手書きを使った説明術

デジタルノートのブログを立ち上げて、早速困っています。 僕がどんなふうに手書きのデジタルノートをとっているか。実際のノートをスクリーンショットして、そこに手書きの注釈をつけようと思ったのですが、やってみると本紙と注釈の境目がわかりにくい。 …